My diary

私の刺繍の作品の紹介、日々の出来事を綴っています

愛犬の脱臼


今日から
天人五衰―豊饒の海・第四巻 (新潮文庫)天人五衰」(三島由紀夫
を読み始めました。




そして、そしてヨガスタジオへ行く途中立ち寄った本屋で
私のチャイニーズごはん―野菜がたっぷり和風もミックス (Fusosha mook)「わたしのチャイニーズごはん」(栗原はるみ
を買ってきました。中華が大好きな私なので手にとって一目惚れ。

作ったら写真を掲載する予定です。
栗原はるみさんの本


と、夜8時ごろ、愛犬が脱臼をしてしまいました。フローリングの床でくるくるはしゃいでいたら、爪のチャキチャキという音が...。


またやってしまったという思いと、その瞬間時計を見るとかかりつけの病院の診察時間が終了してしまっている時刻だとわかりました。

それでも一応電話してみようとかけてみると、先生がまだいらっしゃったのです。


ゴリ押しして(ごめんなさい)10分程度で駆け付けることを約束し足を診て頂きました。


愛犬ブルーは繊細な性格らしく、脱臼するとずっと怯え続け、おしっこやうんちもできなくなります。


ひどい時は夜一睡もしないこともあるのです。
このストレスが他の病気を生みはしないかとそれが大変心配で、診ていただけるのならと...。

帰宅してほっとしたのか、水を飲み、静かに眠りについてくれました。
ポメラニアンは脱臼が多いというけれど、ストレスになってしまうのがかわいそうでなりません。

とりあえずほっと一安心です。


本間獣医科医院の全国往診獣医師がご自宅まで往診、狂犬病予防注射・各種ワクチン接種・フィラリア予防薬を格安にて処方致します。