My diary

私の刺繍の作品の紹介、日々の出来事を綴っています

ブルーの災難


昨日夕方6時、出かけようと靴を履いた瞬間、ブルーが左後ろ足を脱臼しました。


「うわー、またやっちゃったの?」


待ち合わせ時間も迫っていたので夫に後の事は託し、とりあえずそのまま外出しました。

歩きながらかかりつけの病院に電話をしてみましたがすでに診察時間は終わっていました。

帰宅してもまだ脱臼したままの状態だったのでこれは今晩眠れないなと覚悟しました。


ブルーの左後ろ足はこわばったまま。静かに足を伸ばしてみてもすぐ引っ込めてしまいます。

夕方以降オシッコもしていません...。


ベッドの上にのせてリラックスさせようとしても神経過敏状態からなかなか抜け出せません。

ウトウトしてもぱっと起き上がるの繰り返しで目はウルウルしながら緊張気味です。



「救急動物」なる車の中で治療をしてくれる所を思い出し、夜中電話をしてみました。症状などを伝えると、緊急を要するほどではないということで様子を見て翌日かかりつけで診察をする形でよいのではとのことでした。


それからは起きたり、眠ったりの繰り返し。


足がとりあえず立てる状態になったのが明け方でオシッコを急いでさせ、水を飲ませました。

それからのブルーはほっとしたのか小さないびきをかきながら眠りにつき、夫もいびきをかきながら眠り始めました。

私も浅い眠りながら睡眠状態に入り....気が付いたら朝の10時。

朝食をとって急いで病院です。


病院は犬でいっぱい大混雑。

1時間半待ってようやく診察して頂きレーザーを当ててもらい、くいっと足をいじり、いとも簡単に脚を元に戻してしまいました。


これが私達にできれば....といつも思うのですが...。



というわけで、ブルーは帰宅してから長い長いお昼寝です(笑)







本間獣医科医院の全国往診。獣医師がご自宅まで往診、狂犬病予防注射・各種ワクチン接種・フィラリア予防薬を格安にて処方致します。