My diary

私の刺繍の作品の紹介、日々の出来事を綴っています

歯列矯正のお話

かれこれもう4年。先日、リテーラーの具合をチェックするために矯正歯科へ行きました。


あと半年で終了です。


長かったというのが正直な感想で、最初はどうなるかと思いましたが、すっかりすっかり慣れ、今では鏡で歯並びを見るのが楽しくて仕方がありません。

私は右に八重歯があったので、左右対称の笑顔にならなかったのです。

顎関節症、頭痛、虫歯になりやすいなどと全く良い事がありませんでした。
昔は値段が高くて踏み切れませんでしたが、最近になってだいぶ手が届く範囲になってきたのでこれはやるしかないと決めたのです。



それに医療控除の対象にしてもらえた(美容という理由ではNO)おかげで治療費が安くなったというおまけつき。



★矯正して良かった点

  • 顎関節症が治る
  • 顔(表情)が変わった(これが一番大きいかも...)
  • 噛み合わせが良くなった

★矯正して苦労したこと

  • 食事が不自由なこと(イカを食べた時、器具にひっかかり窒息しそうになりました)
  • 矯正器具に対する不快感(取りたくてウズウズして不安発作みたいな症状を起こしました)
  • 親知らずを抜く(神経に触れるか触れないかの場所にあり大学病院で)


矯正のおかげで歯の大切さが身にしみてわかり、歯磨きにも力が入るし、治療が終了しても取り外しのできるリテーラーで歯並びを維持していく方が多いらしいので私もそうする予定です。
歯も生きているので動くんですよね。


あと、もうちょっと....頑張ります(笑)


高度歯科医療最前線―健康的で美しい歯を取り戻すために

1年で治る矯正治療―抜かない矯正専門のDr.が薦める