My diary

私の刺繍の作品の紹介、日々の出来事を綴っています

地震と地理


地震についてネットで調べたり、メールで得たりしているうちに、一石二鳥というか自然に日本の地理も頭の中に入っていくことに気がつきました。

学生の頃、工業地帯がどうのうんぬん...なんて暗記したりしていましたが「地理」というものに全く興味が持てなくてあまり好きではありませんでした。(観光地は別として)

自分の国ぐらい知っておかなければいけないのに、どうもね...。


今では糸魚川、浜松、紀伊水道遠州灘、日向灘、印南、塩山etc.と場所が頭の中にすっと出てきます。

「勉強」として覚えるよりもこうやって付随して覚えていく方がいいんだなと今更ながら実感です(笑)


それにしても日本は本当に地震の国ですね...。今「日本沈没 上」を読んでいるのですが、沈没というよりも、メカニズム部分を興味深く読んでいます。
日本沈没 上 (小学館文庫 こ 11-1)

Hi-net高感度地震観測網のサイトにある3次元震源分布表示を見てみるとなるほどね...と思います。Google map、earthを見てもプレートの境界がはっきりわかるし、日本はすごい場所にあるんだなと怖くなりますね。


しかし、これを映画化するというのは無理があるような気がするのですが、映像的にどうなのでしょう...突っ込み所満載となってしまうような...。


大地震発生!生き残るための75の教え

首都直下地震“震度7”