読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My diary

私の刺繍の作品の紹介、日々の出来事を綴っています

DVD鑑賞の日

2001年宇宙の旅 [DVD]

ついに「2001年宇宙の旅」を借りて観ました。

ベストテンに必ず出てくるこのタイトル。子供の頃からずっとずっと耳にしていたのに、やっと今日観たのです(笑)

きっかけはwowowアカデミー賞受賞映画の特集で放送されていて、新聞で見て気がつき、でもすでに始まって1時間がとうに過ぎていたので、まあさらりと観てみようかなと軽い気持ちだったのですが...が、これがすごい。


取り憑かれてしまったように体が固まってしまい、家事もほったらかし(笑)最後まで観てしまい、エンディングロールもじっーと観ている始末。映画を観てこのような状態になったのは本当に久しぶりです。

これは全部観なくては!と時間ができた今日観たというわけです(笑)


最初の類人猿からの始まりは私には衝撃的で、知ってはいても映像化されて観てみると本当にここから進化し、今のような文明に至ったのだろうか?という疑問が湧き起こりました。まさしく私達の存在は奇跡としかいいようがない...と感じてしまうのです。途中、何がなんだがわからなくなりつつも、音がない宇宙の静けさが不思議と伝わってきて妙な怖さが感じられました。逆に今まで観たSFものでそう感じなかったのはなぜだろう?それに加え、HALの感情も伝わってきて妙な怖さが倍に膨れ上がりました。


木星へ到着した時の電磁的なエネルギー?未知な次元へとつながっていく通路?や神秘的な木星の映像表現が素晴らしいです。この映画の私が大好きなシーン。

人間が溶けてしまっても不思議ではないような気がするし、あのような空間がゴロゴロ存在しているだろうし、得体の知れない巨大なエネルギー群に包まれ、果てのない暗黒の空間がどこまでも広がっている宇宙(私の想像)。
亡くなったとはいえそんな所に投げだされた副長は一体どこへ辿り着くのか...。


理解不能な面が多々あり、ネットで調べて解決し、ようやく理解できたわけですが(笑)、本当に奥深い映画です。
それでもスターチャイルドの瞳はどのような気持ちで地球を見つめていたのだろうか、神が宇宙を創造したのだろうかと次から次へとあらゆる疑問や考えが湧いてきて収集がつきません(笑)


この映画の音楽を聴きながらふと思うに、洋画はインパクトのある、内容とマッチした心の奥に残るような音楽を携えてくるなと感心してしまいます。



最近、2012年関連の本を読み始めているので私の頭の中は宇宙の文字でいっぱいです(笑)