My diary

私の刺繍の作品の紹介、日々の出来事を綴っています

ヘルシンキ&ストックホルム4日目

ヘルシンキから飛行機でストックホルムへ。朝の9時半に到着しました。
ストックホルムでの宿泊はノルディック・ライト・ホテル。本当はスカンディックアングレを希望していたのですが、ぎりぎりまでキャンセル待ちをかけ、結局不可能ということでこちらのホテルになりました。

といってもあまりの便利さに到着そうそう驚きました。空港で現地ガイドさんからアーランダ・エクスプレス・トレインが2名で240SEKというサマーチケット期間中ということで強く薦められ、その出口からホテルまですぐということなのでエクスプレスで空港から市内へ向かいました。この所要時間約20分。

終点の中央駅の改札を出て1〜2分でノルディック・ライト・ホテルへ到着です。ホテルの前には地下鉄の出入口まであり便利、便利(笑)



いわゆるデザインホテルのノルディック・ライト。ロビーからしてモダンでトレンディな感じです。業界の方々が打ち合わせに使いそうな雰囲気でモノトーン系で統一され、クールな格好良さがあります。スタッフの方々もフレンドリーで好感がもてます。お部屋はダブルしか空いていないと聞いていたのでこちらのお部屋になりました。


お部屋それぞれライトが違うみたいです。



幸運にもお部屋が空いていたのでチェックインもでき、一息入れてこの旅で一番行きたかった(かもめ食堂と同等)世界遺産のスコーグスシュルコゴーデンへ。地下鉄中央駅から地下鉄スコーグスシュルコゴーデン駅まで約20分で駅からすぐということもあり、初日に行く予定にしていたのですが、なんと市バスのストライキに加え、このスコーグスシュルコゴーデン駅へ向かう路線も止まっているとのこと。途中駅でわかり大パニックです。

とりあえず、予定を変更し、ガムラスタンを散策することにしました。


とにかく観光客がすごいです。どこを撮影しても人が写ってしまうのです(笑)といってもこれが普通なのでしょう。のんびりしたヘルシンキから来たからさらにそう感じるのかもしれません。




大聖堂近くにあるカフェジレットでランチをすることにしました。こちらは日本語メニューがあります。私はニシンのソテーを頂きました。

一人で頂ける量でしたので久しぶりにすべて平らげることができました。
ガムラスタンは石畳の道が続き、ノスタルジックな雰囲気漂う素敵な街です。細い脇道があったり、小さな階段があったり、センスの良いお店が並びと散策の楽しさを教えてくれるようです。



おみやげ屋が並ぶ大通りよりはそこから少し離れた場所におしゃれな感じのよいお店が多かったです。

チェックしていたお店が二つほどあり、一つはスウェーデンのハンドメイド製品を扱うイリス・ハントベルク、もう一つはヨハンナさんのお店エコヴァールフーセットです。

前者ではブラシを買い、後者のお店ではオーガニックコットンのお洋服を2着買いました。




とても良い気分でガムラスタンを後にし、頭の中は古きヨーロッパの空気に満たされていたところ、中央駅のある中心街に行ってしまったがために散々な目に。
まるで東京...。人がせわしなく歩き回り、騒ぎ、ごちゃごちゃといろいろなものが混ざり合い時間がめまぐるしく進んでいる感じですっかり消耗してしまいました。


明日はストックホルムデザインツアー(OPツアー)。気持ちを新たに...。