読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My diary

私の刺繍の作品の紹介、日々の出来事を綴っています

お別れ...


お仕事開始1分前(8時59分)にスティーブ・ジョブズ氏が亡くなったことを知りました。


この日が来るのが怖くて怖くて...それでも一応覚悟はしていましたが、Yahooのトップで「死去」という文字を見ると、
ぐさっと突きつけられたような感じで、動揺して涙をこらえるのに必死で仕事になりませんでした。

自分の体の一部がぽろっと欠けて抜け落ちてしまった空虚感。


会ったこともないし、話したこともないし、遠い存在の人なのですが、自分の生活の一部になっている愛着あるアップルの製品を生み出してくれた人物であり、日々それらと共に暮らしているので辛いです...。


ジョブズ氏は今度は何を発表してくれるのだろう...とユーモアあふれるプレゼンがいつも楽しみで、子供のようにワクワクしていたあの瞬間がもう訪れないのですから。


10年、20年と生きていてくれたら、どんな物をこの世に送り出してくれたのだろう?と考えると残念でなりません。


でも、この世に生を受けた時期が重なって、彼の作品を見て、触れて、楽しんで、使うことができて本当によかったと心から思います。



パソコンってこんなに面白いんだと思わせてくれたアップル、外観、デザインや中身をどんどん洗練させて私達を虜にさせ続けるアップル。


彼の残した「りんご」がどのような形であれ、これからもずっとずっとキラキラと光り続けて欲しい...。
それが今の私の願いです。



スティーブ・ジョブスの伝説の卒業式か入学式のスピーチ 1-2

スティーブ・ジョブスの伝説の卒業式か入学式のスピーチ 3