My diary

私の刺繍の作品の紹介、日々の出来事を綴っています

LUGDUNUM Bouchon Lyonnaisでディナー

飯田橋にある「LUGDUNUM Bouchon Lyonnais」でディナーをしてきました。

4人のフランスのショコラティエを招いた特別な「Lyon Paris Tokyo Choc」というイベントディナーです。

4人のショコラティエの方々は...
セバスチャン・ブイエ氏、フィリップ・ベルナション氏、ステファン・ボナ氏、アルノー・ラエール氏です。

私はBONNATが大好きだったので即予約してしまいました。

メニューは

  • 栗と茸の入った仔豚のガランティーン
  • ピュイ産レンズ豆のクリームスープ鴨の燻製 セージ(写真)
  • 鹿のロース ポワヴラードソース 冬の彩り(写真)
  • セルベール・ド・カニュ(リヨン地方の白いチーズ)
  • B.B.B.Lによる、特別ショコラデザート


トリュフを添えて下さいました。


こちらはステファン・ボナ氏のものです。
ソコヌスコのタルト、バニラアイスです。


セバスチャン・ブイエ氏のものです。
柑橘系のアイスが入っていてみかんが添えられています。器もショコラです。


こちらはアルノー・ラエール氏のです。
レモン、紅茶、ショコラのマカロンです。

フランスのテレビ局が取材で入っていて、とっても賑やかでした。
ボナ氏のデセールをいただいている時、私達の席にステファン・ボナ氏がいらっしゃいました。
英語、フランス語(習っていてもまだだめです)両方ともダメな私ですが(笑)、
つたない英語で会話をし、バニラのアイスを作る工程について、2月1日に表参道の国連ビルの近くにお店をオープンするというお話をして下さいました。

帰りにはお土産付きという嬉しいサプライズ!

BONNATのソコヌスコのタブレット(お一人様一枚)、セバスチャン・ブイエ氏のルージュ ア レーブル リュクス(女性のみ)です。