My diary

私の刺繍の作品の紹介、日々の出来事を綴っています

金沢最終日

昨日金沢から戻ってきました。

昨日は、再び「ひがし茶屋街」へ。
重要文化財の「志摩」を訪れ、「茶房一笑」で和菓子をいただいてきました。

「志摩」は1820(文政3)年に建てられたお茶屋の建物で、江戸時代からそのまま残されています。

ここでの遊びといっても、琴、三弦、舞、謡曲、茶の湯から、和歌、俳諧に及ぶものであり、巾広く高い技能と教養が要求され「芸どころ金沢」の礎となった。(HPから抜粋)


f:id:nanhime:20170827140210j:plain:w350

f:id:nanhime:20170827140230j:plain:w350

f:id:nanhime:20170827140253j:plain:w350
簾戸が風流で美しいですね。

f:id:nanhime:20170827140324j:plain:w350

お茶屋のお庭。春日燈灯、月見燈灯、槍燈灯があります。

茶房一笑」では抹茶と上生菓子の「黒ゆり」(黒糖を使用したもの)をいただきました。「加賀八幡起き上がり」が伝票がわりとして使われています。

f:id:nanhime:20170827140609j:plain:w350

ずっと可愛い!と気になっていたので、「中島めんや」さんの「加賀八幡起き上がり」を買ってきました。子供達の育成と多幸を祈ったといわれる"七転び八起き"。

f:id:nanhime:20170827140713j:plain:w350

ずっと見ていたくなりますね。