刺繍作家 makiのひとりごと

刺繍作家。オートクチュール刺繍で製作する刺繍アートの紹介、日々の出来事を綴っています。

<出展のお知らせ>
● 2021年(予定) "Made in Japan Exhibition in New York"(Noho M55 Gallery)出展予定
展示前に観覧することができる、Made in Japanの特設オンラインストア(https://www.jcatny.com/mijonline-store)がオープンしました。

公募展「 花とひと5」のDMです

公募展「 花とひと5」の出展者が掲載されたDMがThe Artcomplex Center of Tokyoさんから届きました。 新作の"La sonorité(音色)"、"あの頃の君へ"、そして過去作品の中から"Le sourire appelle le bonheur"の計3点を出展する予定です。 公募展「 花とひ…

飯田橋の桜

飯田橋の外濠の桜を見てきました。陽の光を浴びてキラキラ輝いている桜。若い枝からもたくさん咲いていて可憐でありながら生きる力を感じ嬉しくなってしまいました。 そしてこちらは神楽坂にある赤城神社の桜です。 こちらも満開。お参りをし、うさぎおみく…

新宿御苑の桜

昨日、新宿御苑へ行ってきました。事前予約制で私は10時に予約。御苑の桜は生き生き伸び伸びとしていて、躍動感溢れ生命力と強さを感じる木と枝ぶりを見るのが好きです。風が吹くとサラサラと花びらが舞い、美しい桜吹雪を見せてくれました。 池に映る桜も美…

コサージュブローチ

コサージュブローチ新作2点が完成しました。 "コサージュブローチ No.26" 現行品のビーズとスパンコール、ヴィンテージのビーズ、アンティークの布花(花びら)、スワロフスキーのパールなどを使用しています。 こちらは直径8cmです。"コサージュブローチ N…

再びコサージュブローチ制作中

コサージュブローチをもう2個制作中です。一つはフランスのヴィンテージのガラスビーズを使用しています。桜を観賞した後はテンションが上がります。 www.maki-embroidery.com

桜 千鳥ケ淵と国立劇場

今朝、千鳥ケ淵の桜と国立劇場の桜を見てきました。千鳥ケ淵はまだ5分咲き、場所によっては満開のところもありました。とても静かで鳥の声と風に揺られる葉の音を聞きながら散策。半蔵門にある国立劇場の桜は満開を迎えており大変美しかったです。八重紅枝垂…

コサージュブローチが完成しました

コサージュ ブローチNo.24とNo.25をオンラインショップに掲載致しました。どちらもイギリスのLINTONのツイードを使用していて、シリコンストッパー付きです。 こちらはコサージュ ブローチNo.24です。 素材はLINTON(イギリス)のコットンのツイード生地、ビ…

フランスの布花たち

昨日フランス(パリ)から届きました。1900年代初頭のマリアージュで使用される布花たちが入ったBOXを買ったのです。前回布花BOXを購入した時と同じお店です。BOXを開けると楽しそうにしている布花たちがお行儀よく可愛らしく収まっていました。 時の流れを…

新作です 〜刺繍〜

来月の公募展「花とひと 5」に出展する新作のもう1点が完成しました。 作品名は"あの頃の君へ" "To you in those days"(英訳がこれで良いか不安ですが...)今どこかで幸せに暮らしている「あの頃の君」。 昔付き合っていた女性、気になっていた女性、憧れ…

根津神社へ

昨日、根津神社へお礼参りに行ってきました。 昨年は家族みんなの健康を守っていただきありがとうございますという感謝の気持ちです。 転倒した母も軽傷で済み元気に過ごしています。 昨年1月から根津神社の「月次花御礼」を毎月お参りを兼ねて集めていまし…