maki 日々の記録

刺繍作家。オートクチュール刺繍で製作する刺繍アートの紹介、日々の出来事を綴っています。

2020年4/18〜4/23 ベラドンナ・アート展(東京都美術館)に出展いたします。

マドモアゼル プリヴェ展へ

CHANELの巡回展「マドモアゼル プリヴェ/ガブリエル シャネルの世界へ(MADEMOISELLE PRIVE TOKYO )」に行ってきました。
天王洲アイルにあるB & C HALLで10月19日~12月1日まで開催しています。

ネットで見つけてこれは行きたい!と即予約をしました。
エキシビション(見学)の予約はまだ受け付けているようですがワークショップは満席のようです。
どちらも無料です。

ワークショップは「刺繍のアトリエ モンテックス(ATELIER MONTEX)」(アトリエ モンテックスによる参加型ワークショップ)、「ハイジュエリー アトリエ」(アトリエの職人と共に金箔貼り)、「シャネル N°5 ボードリュシャージュ」(専門職人から学ぶ香水のボードリュシャージュの技術)があり全て1セッション30分です。

私は刺繍のワークショップを申し込みました。

エキシビジョンはシャネルのリトルブラックドレス、ツイード、ビーズや刺繍が施されたドレスなどオートクチュールコレクションが展示されています。
事前に「マドモアゼル プリヴェ」のアプリをダウンロードしておき、会場でコードを読み込むとガイドがダウンロードされ聞きながら鑑賞できます。
イヤホンを持参するか、会場でもヘッドフォンの貸し出しをしています。

こちらはレッドのお部屋。
2014/15年秋冬オートクチュールコレクション。
f:id:nanhime:20191029210444j:plain:w350
レッド、オレンジ、アイボリーの小花がたくさん縫い付けられた可愛いドレスです。
f:id:nanhime:20191029210916j:plain:w350

2019/20年秋冬オートクチュールコレクション。
f:id:nanhime:20191029210732j:plain:w350

ブラックのお部屋。
f:id:nanhime:20191029214447j:plain:w350

2015/16年秋冬オートクチュールコレクション。
白のレース、シルクのチュール、オーガンザにシリコンの加工を300時間かけているそうです。
f:id:nanhime:20191029211915j:plain:w350
レザーのジャケットと白い丸みのある可愛らしいスカートの組み合わせがとても好きです。


ゴールドのお部屋。
2014/15年秋冬オートクチュールコレクション。
スパンコールで埋め尽くされたドレスは圧巻です。
奥のツイードは2015/16年秋冬オートクチュールコレクション。
ルサージュ(Lesage)で514時間、アトリエ タイユールで200時間かけて制作されたもの。
f:id:nanhime:20191029212832j:plain:w350


2014/15年秋冬オートクチュールコレクション。
ゴールドの刺繍が施されたこちらのコートは230時間の作業工程を経て制作されたそうです。
f:id:nanhime:20191029213210j:plain:w350

2010/11年秋冬オートクチュールコレクション。
こちらはアトリエ フルーで200時間、モンテックスの刺繍680時間かけられたそうです。
f:id:nanhime:20191029214600j:plain:w350

シルエット、シェイプの美しさ、刺繍の技術...時を忘れ見入ってしまいました。

こちらは会場でいただいたものです。
キャンバス地のポーチとリーフレット。
そしてワークショップの修了証です。
f:id:nanhime:20191029221340j:plain:w350

f:id:nanhime:20191029221414j:plain:w350


ワークショップは次の投稿で。