刺繍作家 makiの日記

刺繍作家。オートクチュール刺繍で製作する刺繍アートの紹介、日々の出来事を綴っています。

<お知らせ>
●新作を含めた3作品をJCAT(Japanese Contemporary Artist Team)さんのONLINE STOREで販売しています。
●11/3〜11/14 鴉屋主催「精霊達のすみか展2」(Cafe間-Awai 神奈川県藤沢市)は中止になりました
●2021年1月(延期 日時未定) 「Made in Japan Exhibition 2021」(Noho M55 Gallery in New York)出展予定
●2021年4/18〜4/23 ベラドンナ・アート展(東京都美術館) 出展予定

日枝神社&赤坂でお食事

昨日のブログの続きです。

この4連休、美味しいものが食べたいねということになり、雑誌で紹介されていた牛肉のお寿司に惹きつけられた夫の意向で「金舌赤坂」になり先週予約を取りました。

ついでに周辺を散策しようということになり、前回紹介したSHARE GREEN MINAMI AOYAMAへ行き、その後、赤坂日枝神社へ参拝しに行きました。日枝神社は縁結び、安産、仕事運、出世運、商売繁盛のご利益があるとのこと。

以前訪れた時は平日のランチタイム時だったので周辺のビジネスマン達で賑わっていたのですが、17時近くだったことと今の世の情勢により参拝客が少なく境内には私達夫婦2人だけ。
神様と面会をしているような、全てを見透かされている感じがしてとても緊張しましたが、しんと静まり返った境内は神々しく、空気が何事にも乱れることなく流れている様子がうかがえ、このような瞬間に遭遇したことに喜びと感謝の気持ちでいっぱいになりました。

f:id:nanhime:20200726130200j:plain:w350

本殿横にある雄の神猿像(夫猿像)でも参拝しそっと足に触れてきました。

行きは赤坂側の参道からエスカレーターで、帰りは稲荷参道「千本鳥居」から。


f:id:nanhime:20200726131732j:plain:w350

f:id:nanhime:20200726131754j:plain:w350


その後、「金舌赤坂」へ。

こちらは牛肉寿司。

f:id:nanhime:20200726132658j:plain:w350

右から
うなぎと牛の青山椒まき、みすじの炙り握り、牛舌のバッテラ、檸檬塩のハツ握り、大とろのざぶとん握りです。

オススメの「黒トリュフと淡雪塩のプラチナユッケ」(写真は撮り忘れ)もいただきました。
実は私、ユッケは食べこたことがなく今回初めて食しました。
ドキドキしながらいただきましたが、淡雪塩とトリュフの香りに包まれたとろける食感のお肉に感激いたしました。

こちらは締めの照り焼きのバーガーです。

f:id:nanhime:20200726133605j:plain:w350

止め椀「渡り蟹の和牛だし」と一緒にいただきました。
バーガーはもとより、この止め椀は濃厚なコンソメにあっさりした渡り蟹の風味と出汁が添えられているお味になっていて絶品です!

そして甘味は「熟成本みりんの塩アイス」。
淡雪塩のアイスに熟成本みりんをかけていただくのですが、これも美味しいのです。
みりんの酸味がアイスを格上げし、塩、アイスの甘みと合わさった時の絶妙な味に驚きました。

青山から赤坂散策。
心に残る楽しい時間を過ごすことができました。