刺繍作家のヒトリゴト

刺繍作家。オートクチュール刺繍で製作する刺繍アートの紹介、日々の出来事を綴っています。

ピンクハウス50周年記念展へ

「Timeless Pink House ピンクハウス50周年記念展」(10/9まで)に行ってきました。
代官山ヒルサイドフォーラムで開催しております。

ピンクハウスを知ったきっかけは、ピンクハウス、INGEBORGのお洋服が大好きだった昔勤務していた会社の同僚からでした。
お給料やボーナスが入るたびに何着か買っては職場に着てきてお披露目をしてくれていたのです。
嬉しそうな表情をしていた彼女を思い出します。

今回そのお洋服たちが一堂に会すということで、かわいい、ガーリー、フェミニンの世界に触れたくて鑑賞したくて行ってみました。

お洋服のコーデ、色と柄の合わせ方に魅了されました。
「かわいい×かわいい」だけでなくハード系とも合わせられるしトップスをシックにしても素敵です。

フェミニンパワーが感じられ、視覚を刺激され、脳内と自分の中に眠っているものが呼び起こされるという素晴らしい空間が広がっていました。

圧巻のコサージュの数々。

ワッペンも。

こちらはINGEBORG。

こちらはコラボレーションものです。
このコーデ好きです。Syncs.Earthと。

グレイッシュピンク、フリル、レース、ベアのバッグ。
コラボされたブランド名を忘れてしまいました(ごめんなさい)。

KEITA MARUYAMA。
このローズのバッグ素敵ですね。

TOMO KOIZUMI。
チェリー柄のファブリックに命を吹き込み、ふわふわと軽やかなフリルに変身し存在感あるドレスに。

MUVEIL。
コットンレースの饗宴、波打つレースたち。

こちらはDetailsのエリアで展示されていました。

金子功さんのデザイン画です。

たくさんの刺激を得て、溢れんばかりの創作意欲、カラダ中にエネルギーがみなぎってきました。

素敵なエキシビジョンありがとうございました!