刺繍作家のひとりごと

刺繍作家。オートクチュール刺繍で製作する刺繍アートの紹介、日々の出来事を綴っています。

<出展のお知らせ>
● 6/30〜7/5 「アートの交差展」(Gallery219 東京 表参道)
● 8/2〜8/6 「Made in Japan Exhibition」(Noho M55 Gallery in N.Y.)
刺繍作家 maki 東京都在住。 レコード会社勤務後、ギャラリーartist in主催のカフェで刺繍を楽しむワークショップ「刺繍CAFE」に参加し、枠にとらわれず絵を描くように、そして素材一つ一つと色から発せられるメッセージを受け取りながら直感とひらめきを大切にする刺繍の魅力にはまり本格的に創作活動を開始する。 その後、1800年代フランスのリュネヴィルという街で発祥したオートクチュール刺繍のリュネビル刺繍を知り、ファッション業界で活躍している刺繍アトリエが生み出す作品や世界に憧れ、東京にある刺繍アトリエ「オートクチュール刺繍 Lemmikko」で学び始める。 クロシェ・ド ・リュネビル(Crochet de Lunéville)という特殊な細いかぎ針を使い、ビーズやスパンコールを生地の裏側から刺繍していく技術を習得。
メールアドレス
info@maki-embroidery.com
ウェブサイト
https://www.maki-embroidery.com
ブログ投稿数
3622 記事
ブログ投稿日数
3225 日
読者