maki 日々の記録

刺繍作家。オートクチュール刺繍で製作する刺繍アートの紹介、日々の出来事を綴っています。


お知らせ:2019年4/18〜4/23「第15回ベラドンナ・アート展」(東京都美術館)に出展致します。

大磯でディナー 後半

「大磯でディナー 前半」の続きです。
昨日クリスマスイブはイタリアンレストラン「大磯迎賓館」でお食事をしました。

大磯迎賓館は表参道 bamboo(こちらが本店)、小笠原伯爵邸(新宿区河田町)、アルベルゴバンブー(箱根)の姉妹店だそうです。
表参道と箱根のお店は行ったことがありますが、小笠原伯爵邸はまだ行ったことがないのです。

1階奥(新館)には広々としたレストランホールがあり、2階に予約をした個室があります。


f:id:nanhime:20181225142303j:plain:w350

個室は大きなステンドグラスが2枚はめ込まれているお部屋です(母の荷物が写り込んでしまいすみません...)

大磯の風景と泡がモチーフだそうです。

f:id:nanhime:20181225142904j:plain:w350

f:id:nanhime:20181225142703j:plain:w350

f:id:nanhime:20181225144021j:plain:w350

ステンドグラス窓から見える奥はサンルームで、亀甲模様のステンドグラスが美しいです。
どちらのステンドグラスも昼間の時間帯でしたら太陽光が反射して輝きが増すことでしょうね。

f:id:nanhime:20181225142447j:plain:w350

f:id:nanhime:20181225144046j:plain:w350

個室はとても居心地がよく、静かで...「このお部屋で暮らしたい...」とまたまたつぶやいていました(笑)オートクチュール刺繍の刺繍台、刺繍枠がとても似合いそうです。

クリスマスコースメニューの中にピッツァ2種(水牛のモッツァレッラチーズのマルゲリータとイタリア産ハムとリコッタチーズほうれん草のピッツァ)が入っていたのですが、それがとっても美味しかったのです。
大きな石窯で焼いているとのことで生地がもっちり、パリパリで焦げも程よく付いていて香ばしいのです。
写真を撮り忘れてしまったのが残念です...。

こちらはメインの足柄牛のタリアータ。
足柄牛はここ最近人気が急上昇して手に入りにくくなっているようです。

f:id:nanhime:20181225144500j:plain:w350

こちらはドルチェで「ヨーグルトのセミフレッド フレーズのパウダー」。
「サンタさんだ!」と思わず叫んでしまいました(笑)
凍らせたヨーグルトが軽くてふわっとしていて口あたりが爽やかで気持ちよかったです。

f:id:nanhime:20181225144746j:plain:w350


こちらのお店、JR大磯駅から徒歩1分という近さ。
ぜひいらっしゃってみてください。

www.instagram.com