maki 日々の記録

刺繍作家。オートクチュール刺繍で製作する刺繍アートの紹介、日々の出来事を綴っています。

● 8/23〜9/1 プチ・ベラドンナ展(アモーレ銀座ギャラリー)に出展致します。
● 10/19〜20 パリのCarrousel du Louvre(カルーゼル・ドゥ・ルーヴル)にて開催される
"Salon Art Shopping Paris 2019"の日本ブースに参加致します。

エコラップのワークショップへ

「ハチミツクラフト ミツロウでエコラップを作ろう」というワークショップに行ってきました。
場所はアウトドアとリラックスをコンセプトにしたショップ、野外休憩道具店Outdoor Relax by Masuda Kohbohさんで、教えて下さったのは島根県益田市にあるハチミツ屋coup mead(空水土:クーミード)さんです。

用意されていたファブリックはmoimoi design storeのタニリョーさんがフィンランドやスウェーデンで買い付けてきた北欧ビンテージです。
ヘルシンキの旅のことを思い出し、いろいろお話をしてきました。

f:id:nanhime:20190525160735j:plain:w350

f:id:nanhime:20190525160801j:plain:w350

私はこちらのブルーのファブリックにしました。
70年代の物だそうです。

f:id:nanhime:20190525160919j:plain:w350

右上に写っているのはエコラップで作られた小物入れ。
ランチョンマット、瓶のフタとして使ってみたり、サンドイッチを包んだりなどアレンジも様々。
ロウを使用しているので熱には弱いですが、水洗いでき繰り返し使用できるとのこと。

1年ぐらい使えるそうです。
コットン100%のものが良くて、厚手のものは不向きだそうです。

右のファブリックは完成品として販売されていたもので、パンとフランス語が可愛かったので買ってきました。
f:id:nanhime:20190525161254j:plain:w350

フリーのナイロン樹脂を使用したスプーンとフォークは「Outdoor Relax by Masuda Kohboh」さんからのプレゼント。
ベランダでお茶する時に使おうかな。

こちらはshop内で販売されていた北欧ヴィンテージの食器たちです。
イッタラのティーマのイエローマグが気になって仕方ありませんでした(笑)

f:id:nanhime:20190525162139j:plain:w350

f:id:nanhime:20190525162206j:plain:w350

さてさて、手元にはPetit Panのファブリックがたくさんあるのでエコラップを作ってみようと思っています。
刺繍の材料としても使えそう!とワクワクしています(笑)


www.beeecowraps.jp