My diary

私の刺繍の作品の紹介、日々の出来事を綴っています

友人と銀座のバーへ


お酒が大好きな友人に誘われて銀座にある「Y&M Bar KISLING」へ行ってきました。
とても落ち着くシックな内装で椅子も大変座り心地がよいのです。

私はあまり強くないのでジンフィズを弱めに作って頂き、ドライいちじくなどを頂いてきました。


モイーズ・キスリングの絵の目の前でお酒を頂く贅沢な時間。
吉田貢氏に昔の「東京會舘」のお話をして頂き、帝劇とつながっている地下道があったという興味深いお話も聞くことができました。



友人がオーダーした「黒水仙」は、映画のタイトルからつけられたといいます。

1946年のイギリス映画でデボラ・カーが出演しているそうです。
デボラ・カーという女優は知っていたのですが作品が思い浮かばないなと思って調べてみたら「王様と私」(このユル・ブリンナーが一番好き、かっこいいのです)、「悲しみよこんにちわ」の2作品を観ていたことに気付きました。


素敵な時間をくれた友人に感謝しつつ、お酒がもう少し飲めたらなあ...と(笑)


デボラ・カーの作品