My diary

私の刺繍の作品の紹介、日々の出来事を綴っています

ル・ニコ・ア・ オーミナミでディナー


イヴのディナーは我が母と私と夫の3人でLE NICO à Ominami(ル・ニコ・ア・ オーミナミ)で。


以前ランチに訪れて以来久しぶりの訪問です。
天井が高く、広々とした空間のお店なのでとてもゆったりした気分でいただくことができるのが嬉しいです。



メニューは

・‥…・・・★

庭の柚子と真鱈の白子

カリフラワーと海〜鮑、雲丹、赤座海老、穴子、アマサランス、クレソン

フォアグラとポルチーニのヴルテ

リ・ド・ヴォーとフランス冬、黒トリュフのパイ包み

オマール海老といろんなところから届いた大根

特選黒毛和牛サーロインを炭火で炙って〜カチョカヴァロと竹花さんの里芋〜

イチゴ、木苺、ビーツ

洋梨、ル・レクチェのデクリネゾン

・‥…・・・★


写真は「カリフラワーと海〜鮑、雲丹、赤座海老、穴子、アマサランス、クレソン〜」

お皿の中に海のおいしいものがちょっとずつ詰め込まれ、すべての食材の香りが解け合って透明感のある味でそれはそれはおいしかったです。


こちらは「フォアグラとポルチーニのヴルテ」

ポルチーニのヴルテは絶品でした。なめらかな舌触りで優しい感じでありながらどしっとした存在感があり、濃厚でもありフォアグラに負けないおいしさ。
フォアグラも溶けそうなくらい柔らかくて...私はこの一皿に幸せを感じました(笑)


こちらは「リ・ド・ヴォーとフランス冬、黒トリュフのパイ包み」


リ・ド・ヴォーが熱々のパイに包まれていてトリュフがさらに贅沢さをアップさせています。


母も「おいしいわね」と言いながらコースすべて完食です。
メインの和牛はお店の方のお心遣いでハーフポーション(母のお皿のみ)になっていました。



帰り際、フランスの栗を使用した焼き菓子を頂きました。
お料理もさることながら、ホスピタリティにも感銘を受けました。

またお伺いしたいと思います。


今年の母へクリスマスプレゼントはスカーフ。

気に入ってくれるか心配です...(笑)