刺繍作家のひとりごと

刺繍作家。オートクチュール刺繍で製作する刺繍アートの紹介、日々の出来事を綴っています。

<出展のお知らせ>
● 6/30〜7/5 「アートの交差展」(Gallery219 東京 表参道)
● 8/2〜8/6 「Made in Japan Exhibition」(Noho M55 Gallery in N.Y.)

制作中 〜刺繍〜

今制作中の作品です。
完成しているのですが、少し淡いグリーンのお花を足してフレームに収めようと思っています。

こちらは6月30日〜7月5日開催の「アートの交差展」(Gallery219 東京 表参道)に出展する予定です。
終了後はすぐニューヨークのギャラリーへ発送します。

JCAT(Japanese Contemporary Artists Team)Exhibition「ニューヨーク・チェルシーMade in Japan 展」は、Noho M55 Gallery (548 W 28th St Suite 634, New York, NY 10001)にて8月2日〜8月20日開催されます。

​私はAチームの8/2から8/6の期間に先日ベラドンナ・アート展に出展した「黄昏に舞う」とこちらの作品2点を出展致します。
フレームサイズは縦55cm × 横40.5cm × 奥行き4cmで、縫い付けているのは1950年代のフランスの未使用の壁紙です。


さてこちらは昨日行ってきたオートクチュール刺繍Lemmikkoさんの蚤の市で買ってきたものです。
ビーズ、スパンコール、ペップ、ヴィンテージレースなどなど。

こちらのお花たちは花びらを1枚1枚カットして異素材と組み合わせて新たなお花を作ってみたいと思います。

レースは束になって販売されていました。
バラにして作品に使っても良いし、このままバッグに付けても可愛いなと思い3種類買ってきました。