My diary

私の刺繍の作品の紹介、日々の出来事を綴っています

ヘルシンキ&ストックホルム2日目

ホテル・リンナでの朝食は地下にあるレストランです。
これまた暗く、キャンドルの明かりだけといったロマンティックな雰囲気。しんと静まりかえっていておまけにスタッフが誰一人としていません。一瞬間違えてしまったかと思ったほどです。それでも調理場に面したカウンターには温かなオムレツ、ソーセージ、パン、果物、お野菜、ハム、チーズが並び、ヨーグルト、フレーク、オートミール、ジュース各種、コーヒーとすべて完璧に揃っていました。

ふと思い出したジャン・コクトーの映画「美女と野獣」のワンシーン。
誰もいないのですが明かりが灯され、すべて完璧に整えられ「歓迎しています」といった雰囲気は満ち満ちていているので、こちら側ももてなしを受けているのだという気持ちにさせてくれます。

宿泊者が少ない上、ホテルの入り口の重厚なドアのことを考えたらなかなか入りにくいです。決して広くはないロビーなので不審者が入れば目立つし、目の前にはフロント。

私達はテーブルの上のキャンドルの灯に包まれながらの朝食です。私は大変気に入りました(笑)気を使う事なく、なんだか妙にリラックスでき不思議な朝食です。いないと思っていたスタッフが一人お料理をチェックしに来ましたが、また奥に引っ込んでしまいました。

今日はマイスオミさんの「かもめ食堂ツアー」です。出発前にネットで申し込んでおいたもので、マイスオミさんのツアーは充実していてどれも申し込みたくなるような企画のものばかり。今回は上記のツアーと明日の「スオメンリンナピクニック」を申し込みました。


「かもめ食堂ツアー」はヌークシオ国立公園、アラビアファクトリーショップ、トラムに乗ってかもめ食堂でランチというものです。ヌークシオ国立公園は車で40分ぐらいの所にあり、ハウカランピハイキングコースを歩きます。「かもめ食堂」のポスターの撮影場所に行ったのですがすばらしいこと、すばらしいこと。


目の前にある風景の中に自分が存在することの喜びと感謝の気持ちが一気に溢れて、ただただ呆然と立ち尽くすばかり。水面にはコウホネというスイレン科の植物が黄色いお花を咲かせていました。

足元はベリーの葉でいっぱい。収穫時期になると辺り一面ベリーの実でいっぱいになり、秋にはきのこ狩りも楽しめるらしいです。誰でも自由に取ってもよいとのこと。羨ましいかぎりです。

ガイドさんとのフィーカ(お茶)の時間。



焚き火にあたりながら温かいコーヒーとシナモンロールを頂きました。薪の小屋があり、誰でも自由に使用してよく、近くではテントをはってキャンプをしているファミリーの姿もありました。


ガイドさんとお散歩を楽しんだ後、アラビアファクトリーショップへ。アウトレット価格、B級品価格、特別セールと3種類のお値段があります。色合いの綺麗なお皿を見ているとあれもこれも欲しくなりますが、持って帰ることを考え、泣く泣く(笑)マグカップとカトラリー、テーブルクロスに絞り込みました。

こういう時に遠い日本であることを悔しく思ったりもします(笑)

その後、トラムに乗り一路カハヴィラ・スオミ(かもめ食堂)へ向かいました。


2時頃到着したのですが、常連の方、日本の方で満席状態。私達は少々待つことになりました。ガイドさんが日本語のランチメニューを持ってきて下さり、いくつかセットメニューがある中ベジタリアンランチにし、付け合わせのポテトの調理法が選べるのでマッシュボテトにしました。私の前に現れたのはピュッティパンナ。



目玉焼きで隠れてはいるものの半端な量ではありません(笑)おまけにオーナーの奥様からということでシナモンロールまで頂いてしまいました...。
あのシナモンロールなのに...。仕方なく持ち帰ることにしました。もちろんホテルで頂いたことは言うまでもありません(笑)

「かもめ食堂ツアー」はここで解散です。私達はそこから徒歩でテンペリアウキオ教会、ポストミュージアム(ムーミン、マリメッコなどの郵便グッズなど販売)へ行きました。

お夕飯はフィッシュマーケットで。


参考にした書籍