刺繍作家 makiのひとりごと

刺繍作家。オートクチュール刺繍で製作する刺繍アートの紹介、日々の出来事を綴っています。

<お知らせ>
● 2021年4/18〜4/23 アモーレ銀座ギャラリー主催 "ベラドンナ・アート展"(東京都美術館)出展予定
● 2021年(予定) "Made in Japan Exhibition in New York"(Noho M55 Gallery)出展予定
展示前に観覧することができる、Made in Japanの特設オンラインストア(https://www.jcatny.com/mijonline-store)がオープンしました。

良いお年をお迎え下さい

2020年の初詣は根津神社でした。
「月次花御札」(家の中の邪気を祓ってくれる )を集めたくなり毎月月初めに訪れ自宅用、母と義母のものと計3枚購入していました。

そして今月で全て揃いました。

f:id:nanhime:20201230194937j:plain:w350

f:id:nanhime:20201230195007j:plain:w350

f:id:nanhime:20200105120935j:plain:w350


来年もこちらのお札を毎月飾っていきたいと思います。


話変わりますが、先日私の母が街中で転倒して額を14針縫いました。
救急車で運ばれ病院から連絡が来た時はどうなることかと不安でいっぱいでしたが急いで駆けつけましたら意識もあり、検査と名のつくもの全て受けたのですがどこも異常はなく、脳内も異常なし、骨折もせずメガネをかけていたのですが割れることもなく、額の傷をすぐ処置していただき、膝と胸の擦り傷だけですみ家へ帰ることができました。

原因はマスクによる酸欠で一瞬意識を失って倒れたようです。

母は早歩きの人。
マスクをしていると苦しそうだったので屋外では外すように何度も言っていたのですがその度にいつも口論になっていました。
感染予防と言っても自分の体を壊しては本末転倒です。
診察時、医師も「CO2を吸っているようなものですからね...」とポツリ。
体内での酸素の役割は大きく、低酸素になると様々な症状が現れてきますのでどうか皆さまもお気をつけ下さい。


母は私が送っていた「月次花御札」を父の仏壇に飾っていました。
ああ、父が助けてくれたんだと思いました。
来年早々、根津神社へお礼参りをする予定です。


なので私はここ最近藤沢(神奈川県)へ何度か行っています。
藤沢駅周辺は私がいた頃より変わってしまいましたが、本を買っていた有隣堂、友人達と待ち合わせをしていた北口のサンパール広場(噴水)はあるので嬉しいです。故郷に帰ってくると原点に帰るというか、藤沢市で生活していた頃の抱いていた感情、思い、時間、日々がドッと押し寄せ懐かしさでいっぱいになり動いている「時」が止まります。
昔の自分と今の自分が存在しているような不思議な感覚になり、そして電車に乗って都内に近づいていくと少しずつ今の自分に戻っていきます。
そして今まで過ごしてきた時間と日々が何と「素晴らしき日々」だったのかと胸が熱くなり、今年はそれを気づかせてくれた年だったように思います。


来年はどのような年になるのでしょう?
毎年同じことを言っているような気もしますが(笑)、何があっても私は私らしくありたい、情報が錯綜していて混沌とした世の中ではありますが自分の頭で考え腑に落ちないことは調べ、後悔なきよう生きていきたい...と思っています。

皆さま良いお年をお迎え下さい。

今宵はサザンの "ほぼほぼ年越しライブ 2020「Keep Smilin’〜皆さん、お疲れ様でした!! 嵐を呼ぶマンピー!!〜」"(無観客配信)。
楽しみです!