刺繍作家 makiのひとりごと

刺繍作家。オートクチュール刺繍で製作する刺繍アートの紹介、日々の出来事を綴っています。

<出展のお知らせ>
● 2021年(予定) "Made in Japan Exhibition in New York"(Noho M55 Gallery)出展予定
展示前に観覧することができる、Made in Japanの特設オンラインストア(https://www.jcatny.com/mijonline-store)がオープンしました。

MIROIRS ミロワールへ (シャネル資料編)

シャネル・ネクサス・ホールで開催中(〜6/6)の「MIROIRS – Manga meets CHANEL / Collaboration with 白井カイウ&出水ぽすか」へ行ってきました。
前回書いたマンガ編に続き、今回はシャネル資料編です。

展示されていた貴重な資料を紹介いたします。

こちらは「シャネル N°5 ボトルデザインの変遷 1921-2012年」です。

f:id:nanhime:20210521114456j:plain:w500

一番手前から1921年、1924年、1950年、1970年、2012年。

f:id:nanhime:20210521114723j:plain:w500

1954年当時のリップスティック。
ブラックのボディにゴールドのリングというシャネルのリップスティックの象徴的なデザインはこの当時すでに確率されていた。


f:id:nanhime:20210521114929j:plain:w500

ガブリエル・シャネルが提案したリトル ブラックドレス(右ページ)。ヴォーグ誌が当時流行していた車になぞらえ、世界中の人々が取り入れるであろうという意味で「シャネルの”フォード”ドレス」と称賛した。

f:id:nanhime:20210521115122j:plain:w500

1938年の「HARPER'S BAZAAR」に掲載された"ガブリエル シャネルの好きなもの”(右ページ)


f:id:nanhime:20210521115322j:plain:w500

自らシャネル N°5の広告モデルを務めたガブリエル シャネル。
1937年ホテルリッツにて撮影(右ページ)

f:id:nanhime:20210521115553j:plain:w500

アメリカで展開されたシャネル香水化粧品の広告ビジュアル 1942年


f:id:nanhime:20210521120012j:plain:w500


f:id:nanhime:20210521120105j:plain:w500
ホルスト P ホルスト
ガブリエル シャネル 1937年

f:id:nanhime:20210521120648j:plain:w500

ベレニス アボット
ガブリエル シャネル 1927年

f:id:nanhime:20210521122148j:plain:w500
カール・ラガーフェルド
1930年代のドレスを着るモデル 1989年


f:id:nanhime:20210521120955j:plain:w500

f:id:nanhime:20210521121115j:plain:w500

シャネル化粧品カラーチャート
(上)1963年 (下)1960年


そしてこちらは会場入り口でいただいたシャネル N°5 オードゥ パルファムのサンプルです。
f:id:nanhime:20210521122530j:plain:w500

とても素敵な時間を過ごすことができました。
さらにさらにイマジネーションを膨らませて、自分の中に新たな世界を作っていきたいと思います。
もちろん外にも。
ありがとうございました。

最後に...

f:id:nanhime:20210521125858j:plain:w500